2015年1月31日土曜日

ヘラサギを撮ってみました

前ブログ最後に岸和田市の久米田池に越冬のヘラサギ1羽を撮影しましたが、その後、もう一度撮影にチャレンジしてみました。
 ヘラサギは、日本では数少ない冬鳥でへら型をしたくちばしが特徴的な鷺で滅多に見ることができない野鳥です。他府県からのバードウオッチャーにもちらほらとお見かけしました。

ヘラサギ撮ったどー
 撮影日は、運よく近くにいたので撮影できました。私は、バードウオッチャーでは、ないのであえて
逆光で波紋を意識して撮影してみました。


ぺリカン?
 口を開けるとまるでペリカンのように見えます。


捕食
 捕食は、くちばしを水につけて左右に首を振り、くちばしに触れた魚やカニなどを食べます。


エサ探しにはいつもお伴
 ヘラサギが捕食時には、子鷺などがついてまわり水底から逃げ出す魚を頂きます。



魚採ったどー
 魚を採った瞬間です。しかし、澄んでいない水中からくちばしの感触だけでよく魚を採れるものです。

誰だこんなもの捨てたのは
 捕食を観察していると水底からよくゴミを見つけていました。


スリーショット
 ダイサギ、コサギ、ヘラサギのスリーショットです。透き通ったくちばしが、しゃもじの形状をきれいに見せてくれました。


雲がきれぃ~
 この日は、雲がきれいだったので映り込みを意識して撮影しました。



毛繕い
 平べったいくちばしでよく毛繕いをします。

 

スリーピング
 昼間は、こうして羽の中にくちばしを埋めて寝ています


遊び
 岸部で見つけた丸い石ころのようなものを転がしてしばらく遊んでいました。


飛翔
 水辺にいて滅多に飛ぶことがないののですが、急に飛び出したので撮影モードがプログラムでまともに撮影できませんでした。


最後のショット
 後日行くと、久米田池は、水が抜かれて魚は、すべて漁業関係者が魚を捕獲したそうです。ヘラサギは、わずかな水路でえさを探していました。その後、ほとんどの野鳥は、姿を消したそうです。
私にとってヘラサギは、これが最後のショットでした。







0 件のコメント:

コメントを投稿