2014年9月27日土曜日

難波八阪神社、ど迫力の獅子殿にびっくり!

 大阪の隠れスポット、大阪市浪速区元町2丁目9-19の難波八阪神社にて、ど迫力の獅子舞台をカメラスケッチしてきました。
高さ12メートル、幅7メートル、奥行き7メートルで鉄骨・鉄筋コンクリート昭和49年に完成し、平成20年に改修されたものだそうです。

獅子舞台全景
 正面は、こんな感じです。口が、舞台です。


ちなみに口の中は、こんなことになってます。この舞台で雅楽や獅子舞などが奉納されるそうです。



食べちゃうゾー
 走る子供で恐さを表現しました。


社殿と共に超広角で撮ってみました。



分身の術?
 同じ人を多重撮影してます。獅子も困った顔に見えます。


とぼけた鬼?
 正面の石灯籠越しに撮って見ました。なぜか、とぼけた鬼の顔になりました。


 鼻のあな~
 写真では、暗くて見えませんが穴の奥にはスピーカーが、見えます。へんなの。


目くそ着いてますけど
 実はハトが、よく留まっています。黒目の部分は、ライトが内蔵されていて祭りの夜などに光ることがあるそうです。普段の夜間は、境内には入れませんし目は光ってません。


こらぁ~
 露光間ズーミングという撮影テクニックで怒らせてみました。


歯医者さんにほめられる歯です
 横から舞台を撮ってみました。見事な歯並びでした。


馬も驚いてます
 馬の像越しに撮ってみました。今にも駆け出しそうな馬の像です。


弱い犬(狗)ほどよく吠える
 狛犬が、獅子頭に向かって吠えているように撮りました。 


 狭い境内ですが、大阪らしいユニークな神社です。難波から近くなのに訪れる人が少ないのは不思議な感じがします。外国人観光客のほうが多く感じました。ぜひ立ち寄っては・・・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿