2013年9月14日土曜日

梅小路蒸気機関車館アラカルト

 ブログのネタ探しに京都下京区の梅小路蒸気機関車館に行ってきました。機関車館のホームページの中にあるようなアングルをできるだけ避けて撮影してきました。

扇形車庫と転車台
 梅小路といえば扇形車庫と転車台ですね。中央台に乗せられた機関車が、方向転換されます。


転車台越しのSLスチーム号
 転写台越しに体験乗車できるSLスチーム号(C61)を撮影しました。こちらに向かってくる雰囲気にしたかったのですが、遠足シーズンで多くの小学生が、乗車待ちのため遮られました。


C61の勇姿
 体験乗車のため運転中のC61です。乗車料金200円で約10分間、構内を運転中です。


C61運転士の勇姿
 後退運転中の運転士の勇姿を捉えました。このあと黒煙をたくさん頂きました。


扇形車庫に眠る機関車
 扇形車庫内には、多くの蒸気機関車が体を休めていました。


車庫を見学中の園児
 展示中の機関車の多くは比較的自由に見学できます。真っ黒な機関車の間を幼稚園児が、物珍しげにはしゃいでいました。


C58型1号機御召仕様
 お召仕様に装飾されたC58の1号機です。輝く菊の御紋が、やたら印象的でした。


鳳凰のエンブレム
このC58のデフレクター(除煙板)には鳳凰のエンブレムが輝いていました。



連結棒とクランクピン
 動輪を動かす主連結棒とクランクピンのメタリックな感じが、蒸気機関車のパワーを感じました。


クロスヘッド
 ピストンの動きを主連棒や弁装置に伝えるクロスヘッド。これこそ蒸気機関車の象徴といえるパーツです。


運転室全景
 展示中の機関車の多くは、運転室にも自由に見学できます。メーターやバルブ、この超アナログな感じ最高ですね。


ちなみに入館料は、大人400円です。ちかくには京都水族園もあります。




0 件のコメント:

コメントを投稿